梓のすごろく日記

外資系の会社で派遣社員として働くとどうなるか?

外資系の会社で派遣社員として働くとどうなるか?

英語の勉強をして外資系で働くことって私の夢だったんです。だから一生懸命英語を勉強して、やっと夢の外資系の会社で派遣社員として働けることになって本当に天にも昇る気分でした。外国人スタッフに混ざって仕事できるなんて素敵!わくわくしながら仕事場へ行きました。ところが私を待っていたのはそんな素敵なことばかりではなかったんです。初日、最初はやっぱりお茶入れから?と思って給湯室へ行きました。大きなポットにお湯を入れてオフィスのコーナーへ置いたんです。そこからスタッフの半分が日本人の広いオフィスで朝のお茶入れを始めたら、、、「君はお茶くみのために雇ったんじゃないから。」ピシっと上司に言われてしまいました。長年日系企業で働いていた私。朝のお茶くみや机を拭く仕事は始業前の当然のお仕事になっていたんです。「お茶は飲みたい人が勝手に飲むからそのままにしておいて。」って言われました。そうなんだ、、お茶は勝手に自分でいれて飲むのね。そんなことさえ新しく学んだことだったんです。そして今度は、お昼休憩の時にトイレへ行くと、、、上司の秘書をしている人が鏡の前でべっとり口紅を塗っていたんです。お化粧直しも念入りに。。「あなた、どこの大学に留学してたの?」って聞かれて戸惑ってしまいました。なぜかって、私は大学留学じゃなくて語学留学をしただけだったからです。なんと、私の周りにはイギリスやアメリカからの大学院留学経験者がたくさんいて、お互いに闘争心を燃やしているようでした。こ、、怖い。。。先輩たちにギロっとにらまれ、おまけに「語学留学?」と馬鹿にされ、背筋が冷えていくのを感じました。おまけにその秘書たちは上司と不倫関係にあったんです。外資系に勤められたら素敵!ってずっと思ってきたけど、今では気立てが良いだけでも働いて喜んでもらえる日系の会社でぬくぬく働いていたほうが良かったかも・・なんて思う毎日。みなさんも気を付けてくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ